太子堂にまつわる民話をご紹介 「太子堂橋の子づれキツネ」

太子堂にまつわる民話をご紹介 「太子堂橋の子づれキツネ」

「いたぞ、いたぞ」
大勢の村人の集まる前で、逃げ場を失った子づれキツネが、きょとんとしています。 じつはきょうは、名主のいいつけで、村をあげてのキツネ狩りの日だったのです。

村人たちは声をはり上げ、鳴り物をならして、キツネのいそうな土器塚や、上原あたりの、やぶをかき分けて探し回り、ようやくキツネのすみかを見つけたのでした。

でも、その後村人たちは、誰一人としてこの親子キツネをつかまえようとはしません。 口に出さないまでも、みんな後のたたりを恐れているのでした。

村人たちは名主がいないのをさいわいに、そのまま帰ってしまおうとする者もいました。

「かわいそうだ、逃がしてしまおう」
と言うことになって、今度は追いはらうまねをしましたが、親ギツネは子ギツネをかばって立ちすくむばかりで、逃げようともしません。

その内に、村人たちは一人去り、二人去りして、みんな円泉寺へ引き上げてしまいました。名主がようすを見に来た時には、もう親子ギツネも村人も、だれもいませんでした。

でもその日から、太子堂村では、キツネにばかされたり、田畑を荒らされることがなくなったのです。

そればかりか、暗い夜にはどこからともなく、親子キツネと子キツネがちょうちんをもってあらわれ、太子堂橋を渡ろうとする村人の足もとを照らし、行く道をしばらく案内してくれた後、どこかへ消え去るのでした。

親子ギツネの親切は、この後いつまでも続きました。
「きっと、いつかのキツネたちが恩返しをしているにちがいない」
村人は、みなそう思いました。

こうして、太子堂の村は、親子のキツネに守られて、女や子供でも夜道を安心して歩けるようになり、しわわせな村になりました。

Twitter でフォロー

東京の天気

言語切替

RSS 東京のNEWS

ページ上部へ戻る